経費とは?

フリーランス・個人事業主、中小企業、大企業など、全ての法人には経費が発生し、全ての経費はしっかり管理、帳簿することが重要です。

経費と言っても様々です。特に、企業の営業活動に要した費用のうち、売上原価に入らない費用を、販売費及び一般管理費と呼びます。企業を運営するために必要な費用のことで、一般に売上高に関係なく固定的にかかる費用を指します。例えば、下記のように分類できます。

  • 車両関連費
  • 旅費交通費
  • 接待交際費
  • 貸倒償却
  • 寄付金
  • 租税公課
  • 事務員給与
  • 従業員賞与
  • 地代家賃
  • 水道光熱費
  • 厚生費
  • 資産
  • 修繕費
  • 通信費
  • 支払手数料
  • 新聞・図書費
  • 会議費
  • 管理諸費
  • 雑費

上記から、いくつか紹介しましょう 。

旅費交通費

役員や従業員が業務を行うために要する旅費、交通費。旅費には、出張や移動の交通費、宿泊費などの出張手当などが含まれ、交通費には近距離の交通費などが当てはまります。

車両関連費

車検費用、車両の修繕費、ガソリン代、自動車保険や自動車税など、車両運搬具を維持、使用するために関連した費用。※業務使用中の高速代、駐車料金は全額経費。

接待交際費

法人が、その得意先、仕入先その他事業に関係のある者に接待、供応、慰安、贈答などのために支出する費用。交際費、接待費、機密費その他の費用を含みます。

事務員給与

管理部門などに属する事務職員(役員を除く)に対する給与

従業員賞与

従業員に臨時的に支給される賃金。一般的には労働協約書などにより支給基準が定められ、夏と冬の二回支給されます。

地代家賃

事業所や店舗、工場や倉庫、社宅の家賃や月極駐車場使用料など、土地や建物にかかる税金や使用料を地代家賃。

厚生費

従業員の生活の向上と労働環境の改善のために支出する給与や交際費、資産の取得価額以外のもの。慰安旅行の費用や創立記念日などのパーティー費用から、事務所にあるコーヒー等のフリードリンクもこれに含まれます。

資産

10万円を超える経費は資産扱いされます。例えば、消耗品である文房具、コピー用紙、名刺、仕事机、椅子、本棚、キャビネット、マグカップなどありますが、これらも10万円以上になると資産となります。

修繕費

事務所にある機器の修理代や保守契約料。資産の修理も修繕費に含まれます。

通信費

パソコンや携帯、wifiディバイス、電話、FAXなどにかかる通信料。

会議費

会議のための会場レンタル費、会議中の飲食代、会議のために必要な宿泊費等は、会議費として認められます。飲食代が1人あたり5000円以下だった場合は、交際費ではなく、会議費として処理できます。

貸倒償却

取引の際、発生した貸付金や受取手形、売掛金など、受取債券で回収不能な金額や貸倒引当金繰入額。

租税公課

租税公課とは、税金(国税と地方税)、国・地方公共団体などから課せられる賦課金、交通反則金などの罰金。

他にも

文房具、コピー用紙、名刺、仕事机、椅子、本棚、キャビネット、マグカップ、パソコン、マウス、プリンター、スキャナー、シュレッター、wifiディバイス、電話、パソコンなど、事務所にある機材や消耗品は全て経費として考えられます。

経費の帳簿については会計士や税理士など、会計のプロに相談しましょう。私たち、MakeLeapsの公式パートナーには頼れるプロの先生方がいます。
http://www.makeleaps.jp/パートナー会社/

本文章は請求書と見積書の作成・管理・郵送ツールのMakeLeapsにより執筆されたものです。

この請求書サンプルはお役に立ちましたか?すべてのフリーランスと中小企業に役立つソフトを提案しております

MakeLeaps × You =

見積書・請求書の作成管理は、楽しく簡単にMakeLeapsで。

見積書・請求書は
クリックひとつで

MakeLeapsの特徴

  • とてもシンプルで使いやすい
  • クライアント社までなら永久無料
  • ロゴと社印付き見積書、請求書
  • たった199円で郵送まで